合気道子の稽古日記

40代半ばで合気道を始めた女性のブログです。子どもと通える道場、藤沢合気道会所属。内容はすべて執筆時点の道子の個人的見解です。

稽古日記~至福の喜び article70

こんにちは。道子です。

f:id:aikidomichiko:20180825201228j:plain

 

f:id:aikidomichiko:20180825201251j:plain

 

先生や上手な人に技をかけてもらうのは、至福の喜びです。いや、別に怪しい志向があるわけではないですよ。誤解のないようにお願いします。

上手な技をかけてもらうと「この段階でもう体勢を崩されるのか」「なるほど、こうやって投げるのか」という大事なポイントがよく分かるからです。固め技も「そうか、こうやって抑えられると動けないな」と勉強になる上、手・腕・肩のストレッチもしてもらえるので、肩凝りがよくなってきました。合気道を始めてから、四十肩の症状も出なくなり嬉しいです。

稽古後に先生が投げて下さるとなると、皆さん嬉々として列を作り、投げられまくりです。投げられれば投げられるほど、楽しい気分になります。もっと沢山投げてもらえるよう、力の抜けた上手な受け身をとれるようになりたいし、体力もつけたいです。

 

稽古日数:53(8月19日)藤沢合気道会 

今日もAKI鵠沼湘南台との合同稽古でした。 

 

座技正面打ち第一教

 

座技正面打ち第二教

(表)の極めの時は、相手の手を畳につけ、自分の手で相手の手を覆い、相手の頭方向にその指先を向けるつもりで曲げていく。S先生がいらして「こうして指まで覆うでしょ・・・あれ?(道子の手の)大きさが足りない・・・」と困っていました。手が大きい人と組んでも、きちんとポイントを押さえて決められるようにしたいです。

 

座技正面打ち第三教

一教でおさえた後、相手の手をとる。相手の手の先を持っている手は最後までゆるめない。動く方向と動き方が難しいです。

 

座技正面打ち第四教

最初の踏み出しの足を間違えて覚えていました。変な癖がついています。意識して直さないと。(表)は相手に近い方の足で相手のお腹に入り身する、(裏)は相手から遠い方の足で、外側に入り身する・・・でよかったのかな。いつも 適当に 無意識に動いているので、すぐ分からなくなってしまいます。今度先輩に確認しておこう。

四教は普段あまりやらないので、難しいです。(表)は相手の腕を木刀をまっすぐ振り下ろすようにして崩す。自分の人差し指付け根で、相手の腕内側の柔らかい部分にある2本の筋(脈部)を極める。(裏)は自分の立ち位置の関係でまっすぐに持てないため、相手の腕を木刀を袈裟に切るようにして振り下ろして崩す。相手の親指側にある手首の骨(橈骨部)を極める。

 

横面打ち小手返し(表)(裏)

(表)がやり慣れません。中学生のT君は、道子の曖昧な動きでも上手に受けてくれます。気負いがなくて柔らかい受けです。小学生からずっと続けているだけあって自然な動きです。

 

横面打ち入り身投げ(表)(裏)

これも(表)が難しいです。相手の手を、相手が行こうとしている方向(前)に導くと、抵抗されずに動かせます。それからその腕を巻き込んで崩す(後ろ受け身)

受けの時、相手にうまくついて行けずに、バタバタバタッとうるさい足音を立ててしまいます。上半身だけが先に動いてしまって、足が後から追いかけてくるからかな。先輩方は上体はそんなに前傾せず、ススス~ッと静かで滑らかな移動です。

 

天地投げ(表)(裏)

道子の両腕にガッチガチに力が入っているのを指摘されました。自分では、そんなに力入っていると思わなかったのですが「極端な話、道子さんはこんな感じ」と差し出された腕は、固い棒みたいでしっかりと持てず、相手が動くとすぐ手が離れてしまいます。「本当は、こうやって腕の力を抜いて欲しいです」と差し出された腕は、持ちやすい。動かれても、手が離れずについていけます。全然違う!同じ腕とは思えない!「ある程度、形や動きを覚えたら、力を抜いて動くことを心掛けるといいですよ」とのこと。う~む。極意だなあ。

免許取りたてだと力いっぱいハンドル握ってしまうけど、慣れてくると、ふんわりと手をのせる感じで持てる。そんなイメージでしょうか。

 

片手持ち回転投げ

相手の腕を切り下しながら、自分の足を大きく引く時に相手を崩します。相手が思わず畳に手をつくくらいまで。見取りの時に(表)と(裏)という言い方を先生がしませんでした。帰宅して本を見たら、外回転・内回転と書いてありました。 

 

両手持ち呼吸投げ

両手を持たせたまま、転換しながら相手の横に立つ。下の腕は自分の腰につけ、上の腕を螺旋状に切り下しつつ、踏み出して投げる(前受け身)

 

両手持ち呼吸投げ

相手の腕の下から、自分の手の親指と人差し指の間の股で引っかけるようにしながら、転換して投げる(前受け身)

 

両手持ち腰投げ

途中で時間切れ。

 

最後、T先生に投げていただいた時「体力消耗してしまうから、畳をちゃんと叩くこと」「力入り過ぎ。もっと体の力抜いて」と言われました。腕だけでなく、全身に力が入りまくってるようです・・・。こんなに かよわい 非力で力んだところでどうしようもないのに、全身ガッチガチ・・・。これを何とかしないと、新たなるステージに進めない気がしてきました。

 

今日の実感:力み過ぎ。

今日のお土産:右くるぶしのスレ

 

お読みくださり、ありがとうございました。