合気道子の稽古日記

40代半ばで合気道を始めた女性のブログです。子どもと通える道場、藤沢合気道会所属。内容はすべて執筆時点の道子の個人的見解です。

稽古日記番外編~からだがゆるむ合気道 article47

(4月13日)からだがゆるむ合気道@東京

 

こんにちは。道子です。

週末出勤の代わりに、金曜日に有給休暇をもらいました。この日にどこかで稽古したいなと探していたら、面白い講座を見つけました。その名も「からだがゆるむ合気道

 

「からだがゆるむ合気道」は… 「からだをゆるめること」 「自分とつながる、他人とつながる」ということを思い出すこと 「自然の法則」を、からだで体得すること 「大いなるもの(本来のじぶん)」と同調・共鳴すること などを目的として行います。

4/13(金)「からだがゆるむ合気道」教室 - 「ハラ生き道」

 

ちょっと怪しげなのが、そそられます(笑)タイミングもぴったりだし、気になって仕方がないので、勇気を出して行ってきました。

 

結論としては、行ってよかったです。腕・肩の「力みをなくそう、なくそう」と意識すればするほど、力んでしまうことに気付くことが出来ました。「姿勢」「呼吸」「手の感覚(自分が持つ側の時)」に集中すると、力みにくいです。図にある①から④までが自然に、同時に出来るようになりたいです。よく考えたら、普段の稽古の準備体操やクールダウン運動の中に、このような呼吸や姿勢を練習する動きがありました。やっぱり大事なことは同じなんだな、と思いました。

 

f:id:aikidomichiko:20180417190327j:plain

 

この講座、本来は「ハラ生き道」の一環としての身体ワークのようです。合気道が上手くなりたくて来ました」という道子は異分子でしたが、「珍しいね」「それもアリだね」と歓迎して下さいました「セミナーに参加して自らを変革させなさい」な~んて勧誘されたら困るなあ、と思ったけど、そんなことは全然なかったです。逆になんのお誘いもなく、拍子抜けしたくらい。変な想像してごめんなさい。皆さん、爽やかで楽しい方々ばかりでした。

 

ワークが摩訶不思議で面白くて、笑ってしまいました。よく分からない部分も多かったけど「それでいい。最初から『分かりました!』なんて人は逆に怖いよ」とのことでした。講座後のランチもご一緒させていただきました。色々なお仕事の方や、俳優さんの卵もいたりして、話を聞いていて楽しかったです。

 

O先生は皆さんにあだ名で呼ばれていて、「先生」というより「兄貴」っぽかったです。カリスマに祭り上げられるより、皆と一緒に楽しむのが大好きな兄貴、という感じでした。和気あいあいとした雰囲気が印象深かったです。また機会があれば参加したいです。

 

今日の実感:呼吸・姿勢・手の感覚を意識する。

 

お読みくださり、ありがとうございました。