合気道子の稽古日記

40代半ばで合気道を始めた女性のブログです。子どもと通える道場、藤沢合気道会所属。内容はすべて執筆時点の道子の個人的見解です。

稽古日記~演武会 article10

稽古日数:6(9月9日)鶴岡八幡宮奉納演武大会・合同稽古

 

こんにちは。道子です。

今日は、グループ道場が集まる演武会に参加しました。

会場も広いし、100人以上が一緒に稽古をするなんて

初めての経験で面白かったです。

場所柄、御利益がありそうなのも嬉しいです。

合同稽古では、いろんな人と組ませていただき、

教え方もそれぞれ個性豊かで勉強になりました。

 

ゴロゴロ運動で組ませていただいた中に、

第一教を例に説明して下さった方がいました。

打ってきた相手の肘を指先でつまみ、

相手の脇を伸ばすように

相手の行きたい方向に流してあげればいいんだよ、

それが、稽古を積む内に指1本でも出来るようになり、

上達すれば触らなくても出来るようになる、という道筋。

初めてのゴロゴロ運動に頭の中が?でいっぱいだったので、

分かりやすい説明に救われた気持ちになりました。

f:id:aikidomichiko:20171109220929j:plain

ゴロゴロ運動はこの道場特有のようです。怪しい儀式が始まったのかと思っちゃいました。

高段者が相手に触れずに投げるのと同じ次元を要求されているのかと最初は驚きましたが、違うようです。もっと理解を深めたいです。

 

 合同稽古の後は、各道場の演武です。

道子も同じ白帯のAさんと組んで、演武をしました。

こんなに緊張したのは久しぶりです。

技をかける度に、

取り(向かって右側)と受け(左側)の

場所に戻ると思い込んでいました。

技ごとに場所移動で時間がかかってしまい、

Aさんが取りをほとんど出来ないまま

制限時間が来てしまいました。

演武の最初と最後だけ、所定の位置につけばよく、

演武中は気にせず、どんどんやってよかったのでした。

Aさんが笑って許して下さったので、

ほっとしました。

 

T代表師範に初めてお会いしました。

演武の大トリはもちろん 生・代表師範のLIVE演武。

オーラと次元が違います。圧巻でした。

うちのT先生が代表師範には「T君」と呼ばれ、

ポンポン投げられているのを見るのは、不思議な気分でした。

 

ゴロゴロ運動の説明をしてくださった方が

師範クラスだったので、

式次第にお名前と所属道場が載っていました。

ぜひ出稽古に行きたいと思ったのですが、

遠い場所だったので残念です。

稲城合気道研究会

こちらで教えてらっしゃるO先生です。お近くのラッキーな方は、是非!

 

後でその話をUさんとOさんにしたら、

その先生はT先生の大学の後輩だそうです。

勝手にご縁を感じて喜んでいた道子でした。

 

今日の実感:演武会は学びの宝庫。

今日のお土産:演武見学の時間が多かったので特になし。

 

お読みくださり、ありがとうございました。