合気道子の稽古日記

40代半ばで合気道を始めた女性のブログです。子どもと通える道場、藤沢合気道会所属。内容はすべて執筆時点の道子の個人的見解です。

稽古に必要なものと道着の選び方について article4

こんにちは。道子です。

合気道の稽古に必要なものについてです。

合気道の稽古に最低限必要なのは

  • 自分の身体
  • 道着(女性の場合は、中に白いTシャツ着用)

以上です。

f:id:aikidomichiko:20171102175705j:plain

拍子抜けしましたか?

道場によっては、

木刀や杖を使って稽古するところもありますが、

借りることも出来ますし、すぐには必要ありません。

必要になったら、先生がそうおっしゃるはずです。

 

では、どんな道着がいいのでしょうか。

道場で指定の道衣があれば、それを買うのが一番です。

もし指定がない場合は、

初心者は襟の硬い、厚い生地の道着がいいでしょう。

受け身の時に首を支え、体を守ってくれます。

袴をはかない内は、厚い生地でないと、

ズボンの下から下着が透けてしまいます。

女性の場合は、胸紐付きのものがはだけなくて安心です。

上着とズボンと帯の3点セットで

10,000円以内で購入できます。

 

テコンドー道着はとても薄くて合気道では使えません。

空手道着も薄いので、ちょっと使いにくいかも。

柔道着は、生地が合気道着よりぶ厚いですが、

袖が長すぎなければ稽古着として使えます。

お子さんが学校の体育で使用した柔道着があったら、最初は借りてもいいと思います。

 

女性は、道衣の下に白いTシャツを着ます。

Tシャツは白い無地、

あるいは白っぽい色で無地に近いものなら何でもいいです。

なるべく首回りが詰まっていて、

生地のしっかりしたものがいいでしょう。

上半身の下着は、

金具のついていないスポーツ用のものがおすすめです。

 

稽古に必要なものは、意外と少ないので助かりますね。

お読みくださり、ありがとうございました。

 

aikidomichiko.hatenablog.com

稽古を重ねる内に欲しくなるグッズについてはこちら↓

aikidomichiko.hatenablog.com

aikidomichiko.hatenablog.com

 

スマートフォンでお読みの方へ:

お問い合わせフォームは

最初の記事、article0にあります。