合気道子の稽古日記

合気道子の稽古日記

40代半ばで合気道を始めた女性のブログです。子どもと通える道場、藤沢合気道会所属。内容はすべて執筆時点の道子の個人的見解です。

稽古日記~飛び受け身 恐るるに足らず? article90

こんにちは。道子です。 今日は、飛び受け身の自主練方法を教えてもらいました。簡単で体を慣らすのに良さそう。稽古の前後、端でやろうと思いました。 やり方はこんな感じ 半身で立つ。 右半身なら、右手を自分の左手で小手返しの形にする。 頭を守りながら…

道着はコスプレではなく article89

こんにちは。道子です。 ハロウィンの話題になった時「いつも道着きてるから、充分だよ」と言っている人がいました。確かに。ある意味、道着は非日常的な格好です。道着で生活している人はあまりいない。(プロの武道家や先生の中には、いらっしゃるかも。「…

四コマ漫画「かぐや」まとめ第41話~50話 article88

こんにちは。道子です。 合気道普及推進キャラ、現代に生きるかぐや(姫)の漫画をまとめました。 かぐやに熱烈片想い中の粘田君の毎日がメインになりつつあります。だって、粘田君、面白いから(笑) 合気道の「相手に合わせること」「相手を尊重すること」の精…

稽古日記~練習相手の決まり方 article87

こんにちは。道子です。 blog.livedoor.jp 合気道は、ふたり一組になって練習します。最初の頃は、誰と組むか分からなくて、戸惑いました。先生がみんなの前で、稽古する技のお手本(見取り)そして「やってみて」とおっしゃる。すぐに周りで「お願いします…

稽古日記~昇級・初段審査の見学 article86

こんにちは、道子です。 昇級審査・初段審査を見学しました。AKIグループ道場(合気会)の受験者が一堂に会します。大きな会場にたくさんの人。先生からは「技をきちんとすることは勿論ですが、自分の中にある元気をしっかりと出して」とお話がありました。 …

後ろから襲われる体験 article85

こんにちは。道子です。 合気道では、色々な想定のもと、稽古をします。 片手をつかまれた(片手取り・片手持ち・交差取り) 両手をつかまれた(両手取り・両手持ち) 胸倉をつかまれた(胸取り) 肩をつかまれた(肩取り・両肩取り) 正面から突いてきた(…

上手になるための条件 article84

こんにちは。道子です。 合気道が上手になるために何が必要なのか、よく考えます。柔軟性、体力、筋力、体幹、バランス感覚。理解力、分析力、記憶力、センス。全部あるに越したことはない。でも、あえて挙げるとしたら、「素直さ」と「稽古」だと思いました…

稽古日記~先輩は全員が先生 article83

こんにちは。道子です。 合気道は、通常ふたりで組になって稽古します。先生はもちろん、有段者は白帯と組んだら、教える側になります。門人は全員、同じ月謝。有段者と初心者で金額は変わりません。 白帯同士だと技が分からないので、有段者がなるべく組ん…

四コマ漫画「かぐや」まとめ第31話~40話 article82

こんにちは。道子です。 合気道普及推進キャラ、現代に生きるかぐや(姫)の四コマ漫画をまとめました。八卦掌64LABのO師範をモデルにした「ヤス兄ちゃん」も登場します。 八卦掌64LAB のホームページおよびtwitterはこちらです。 64lab | 概要 64lab twitter…

稽古日記~究極の護身 article81

こんにちは。道子です。 合気道の受けは究極の護身になるのではと思う、今日この頃です。稽古を通して、行動の少し先を想像する癖がつきました。例えば、駅のホームでは端を歩かない。歩きスマホの人の真後ろは避ける。信号が青になっても、車が止まったのを…

稽古日記~PDCAサイクル article80

こんにちは。道子です。 合気道の稽古時には、先生がみんなの前で「見取り」をします。練習する技のお手本です。「今回はこの技だけど、他の展開もできるんだよ」と色々な動きをしてくださいます。 練習中、先輩方は「ここで先制されたら、こう対応する」「…

稽古日記~合気道稽古人の身体的特徴 article79

こんにちは。道子です。 合気道の稽古人は、見た目が普通の人と違うのか、考えてみました。 まず、他の武道の場合はどうでしょう。 道子のいとこは、中高と部活で柔道をして、耳たぶが変形しています。「餃子耳だよ」本当に餃子に見えるし、うまいこと言うな…

四コマ漫画「かぐや」まとめ21話~30話 article78

こんにちは。道子です。 合気道普及推進キャラ、現代に生きるかぐや(姫)の四コマ漫画をまとめました。最初はただのモブキャラだったストーカー粘田君ですが、だんだん健気でかわいく見えてきました。 aikidomichiko.hatenablog.com aikidomichiko.hatenablog…

四コマ漫画「かぐや」まとめ11話~20話 article77

こんにちは。道子です。 合気道普及推進キャラ、現代に生きるかぐや(姫)の四コマ漫画です。16話と17話をブログに載せわすれていたので、修正しました。特に17話はかぐやの秘密に関する大事な話なので、読んで欲しいです。11話から20話までをまとめました。 a…

四コマ漫画「かぐや」まとめ1話~10話 article76

こんにちは。道子です。 合気道普及推進キャラ、現代に生きるかぐや(姫)の四コマ漫画をまとめてみました。どうしても難解なイメージのある合気道ですが、楽しくて面白くて健康に役立って、万が一の備えにもなることをアピールしたいです。 aikidomichiko.hat…

稽古日記~秋季鶴岡八幡宮奉納演武大会 article75

こんにちは。道子です。 稽古日数:56(9月8日)秋季鶴岡八幡宮奉納演武大会・奉納稽古 座技正面打ち第一教 反対の足から踏み出す癖が抜けません。「受けが右手で打つ、私は左足から・・・」と考えていたら、正面打ちがパッカーンと額に当たってしまいました…

昇段審査練習が迫力あり過ぎ~article74

こんにちは。道子です。 先日の稽古で、三段への昇段審査を受験する方の練習を垣間見ました。迫力あり過ぎです。自分が受験可能レベルまで到達できるか疑問ですが、もし稽古日数が足りたとしても、あの審査内容をこなせる気がしません。 合気会のHPによる…

稽古日記~稽古に行く時の理想の服装 article73

こんにちは。道子です。 稽古に行く時の服装、理想は「道着」を着ていくことです。かさばる道着の入った大きい荷物も持たなくていいし、着替えに時間を取られることもありません。でも、悪目立ちしそうで厳しい。小さい子や学生なら、微笑ましい感じになるの…

稽古日記~武道家のイメージ今昔 article72

こんにちは。道子です。 皆さんは武道家にどんなイメージを持っていますか?道子は、合気道を始めるまでは、武道家はいかめしい顔つきの厳格なおじいさんのイメージを持っていました。何か質問すると「愚か者!そのようなことも分からんのか!自分で考えろ!…

脈あり・脈なしの判断と「粉かけ」や「のらりくらり」について article71

脈があるか無いかの判断基準いついて考えてみたいと思います。ある程度お互いのことをよく知った間柄だったとしたら、第一段階は「ふたりでお茶をする」「ふたりでランチする」ことができるかどうかです。ふたりでランチすることさえ、色々理由をつけて断ら…

稽古日記~至福の喜び article70

先生や上手な人に技をかけてもらうのは、至福の喜びです。いや、別に怪しい志向があるわけではないですよ。上手な技をかけてもらうと「この段階でもう体勢を崩されるのか」「なるほど、こうやって投げるのか」という大事なポイントがよく分かるからです。

気とか触らずに倒すとか article69

合気道は、説明が非常に難しい武道だと思います。確かに、創始者である植芝盛平開祖や塩田剛三先生のエピソードは、人間離れして、伝説の人物に思えるくらいです。こういう先生方は人生をかけて鍛錬して、その極みに達したんだと思います。

稽古日記~理想のばあ様 article68

道子の理想のばあ様はこんな感じです。たくさんの方にお会いして、稽古を長年続けている方々はすごいなあ、といつも感じます。実力はあって当たり前。その上で相手の力量を見極めて、優しく教えたり、ちょっと試してみたり、危なかったら支えたりしながら、…

稽古日記~後方回転受け身 article67

後方回転受け身の重要ポイント3点を教えてもらうと、入会して日の浅い人の受け身がすぐ変わりました。人に教えるには、動きをきちんと理解して、言葉にする力が必要。うちの会は教え上手な人が多いので、恵まれています。

武道家も人間 article66

こんにちは。道子です。 合気道の先生方は、強くて優しくて強くて、同じ人間とは思えない時があります。先輩方もそうです。例えば、道子は稽古中によく髪ゴムがとれてしまいます。Mさんがそのゴムを拾って「はいよ」と道子に差し出します。受け取ろうとする…

楽しいお酒 article65

合気道で関わる方は、お酒の好きな人が多い気がします。明るくて陽気なお酒を好む印象です。今回は武山道場の皆さんに暑気払いをしてもらおうと思います。(かぐや12~15)次の記事では、粘田君がいよいよかぐやとツーショット?

稽古日記~飛び受け身が出来るかも article64

本日の稽古、個人的には大きく前進!した気がします。飛び受け身の感覚を少しつかめた気がします。梅雨頃から、投げられる時に手を放してもらえれば、なんとか受け身をとれるようになってきました。でも、てを持たれたままだと、怖くてやっぱり潰れてしまい…

稽古日記~相手に合わせる article63

本日の稽古のテーマは「相手に合わせる」でした。「相手を自分に合わせるのは無理。自分が、相手に合わせるんだよ。日常生活と同じ。仕事や会社もそうでしょ?」う~む、深いです。相手に合わせつつ、崩したり投げたり。

稽古日記~暑さに負けました article62

暑いです。途中から体をまっすぐに保てず、こっそり壁に寄り掛かったり、膝に両手をついて支えたり。誤魔化しきれず、最後はリタイアして休憩しました。情けない。

稽古日記~受けの心構え article61

受けの心構え。取りを意識して受けをする。敵から目を離さず、無防備な背中を見せない方がいいのは、言われてみれば当然ですね。稽古としては、受けが粘ることで、取りは相手の状況を考慮しつつ隙のない技をかける練習になる。受けも、取りの動きや技の効き…